ノースリーブ 脇毛処理

MENU

ノースリーブを着るなら脇毛の処理は必要です!

肌の露出が多い夏、女性の一番の悩みといえるのがムダ毛処理ではないでしょうか。
特に水着やノースリーブを着る時、脇やVラインが気になりますよね。

 

そこで脇毛処理の方法をご説明します。

 

脇毛の正しい処理方法

 

まず剃刀か毛抜きどちらがいいのかというと、毛抜きの方をおすすめします。

カミソリだと肌が荒れてしまうことがありますし、脇毛が濃い人だと剃ったその日の夕方にはブツブツ生えてくる場合があります。
ですのでノースリーブやキャミソールを着る場合には毛抜きで抜く方がいいのです。

 

ただし毛抜きでぬく場合いきなりぬいてしまうとブツブツと鳥肌みたいになってしまうので
温めたタオルで脇を温めるか、お風呂上りの毛穴が開いているときに抜くようにしましょう。

 

さらにきれいに仕上げるためのワンポイントとして、抜いた後に冷たいタオルで冷やして毛穴をふさいであげると
仕上がりがキレイな自己処理が可能です。

 

 

 

脇毛処理から解放されたいなら脱毛サロンという選択

 

それでも、自己処理だけではどうしても毛穴が目立ってしまったり、赤みや黒ずみが気になったりする場合があります。それに何といっても、1本1本抜いていくのは手間がかかりすぎて面倒ですよね。

 

そこで脱毛サロンでの脇脱毛を考える方も多いと思います。
しかし、サロンは高額だったり、勧誘がしつこかったりとマイナスのイメージもあります。
だからワキ脱毛を考えているなら、安心して通えるサロンを見つけることが大切ですね。

 

エステサロンを選ぶ時に、何を重視するかは人によって違うと思いますが、技術力やサービス、それに料金は気になるところ。「高いから良い」「安いから悪い」は決してイコールではありません。客観的な評価や口コミもひとつの目安ですね。

 

また、

脱毛方法も大切
なポイントです。
ニードル式やレーザー式はかなり強い痛みを感じるのに対して、S.S.C方式(スムース・スキン・コントロール)は軽い痛みを一瞬感じる程度。しかも低額で所要時間も両脇で3分程度と短く、嬉しいことばかりです。

 

S.S.C方式は、ジェルと光の相乗効果によって制毛処理をする方法です。

美容効果が高く、火傷や炎症、色素沈着などのトラブルもありません。
個人差はありますが、1回のお手入れでも効果を実感でき、4〜6回程度で完了する方が多いようです。

 

S.S.C方式を取り入れていて、安定した技術力や支持率のあるサロンとしてオススメしたいのが「ミュゼ」です。勧誘や追加料金は一切なく、返金システムや24時間予約・変更可能などのサービスで安心して通うことができます。無料カウンセリングも行っているので、自分に合うかどうか、不安や疑問点を解消できるのも嬉しいところです。

 

8月の間は、両脇+Vラインの美容脱毛完了コースの割引サービスが行われているので、この機会に試してみるのもいいですね。

 

ムダ毛に悩まされることなく、ツルツルの肌で夏を思いきり楽しみましょう♪

家庭用脱毛器を使う場合はこんな注意が必要なんです!

脱毛器を使っての脱毛にかかわらず、体調がすぐれないとき、肌の調子が悪い時、日焼け直後などの場合は、脱毛するのは避けたほうが良いでしょう。日焼けしやすい時期については、可能な限り脱毛したい部位を日光に当てず、脱毛に望むのがベストです。ちなみに黒い毛に反応する脱毛方法(レーザー・フラッシュ)については、ホクロがある部位の脱毛はできません。これはホクロにマスキングテープを貼ることで、光の照射を防ぐことができます。

脱毛器には、毛を抜いていくタイプのものもあれば、エステやクリニックで使われているフラッシュ脱毛タイプ、レーザー脱毛タイプなどバリエーションも豊富です。どれを選ぶかは前述のとおり、いろいろな機能を調べてから購入してください。中でもサーミコン式と呼ばれる脱毛器は、ワイヤーに熱をもたせることで毛根を刺激し脱毛するものです。

 

この方法を使っている家庭用脱毛器は、他のタイプの家庭用脱毛器に比べ安価に購入出来ますので、今すぐ脱毛したいという方にはまずはお勧めです。取扱説明書にも記載されていますが、自宅で脱毛する場合でも一度脱毛器を使った後、次の脱毛まで一定の期間を開ける必要があります。空ける感覚は、2週間〜4週間くらいが一般的です。エステやクリニックでの脱毛と違いアドバイスをしてくれる人がいませんので、取扱説明書はもちろん、インターネット上の情報も上手く活用し、トラブルなく安全に家庭で脱毛をして行きましょう。

更新履歴